北川景子さんのブログに度々登場する宝塚歌劇団を観劇した時の感想の中でも「雪組」
に関連する内容ばかりをまとめてみました。

北川景子の宝塚「雪組」ブログ

北川景子さんのブログ中に宝塚「雪組」に関して書かれた記事を抜粋。

2014/11/16「ジュ・テーム」より

先月雪組さんの『伯爵令嬢』を観に日生劇場へ行ってきました。
伯爵令嬢は念願のちぎ様(早霧せいなさん)のトッププレお披露目公演ということで、
絶対に外すわけにはいかない公演でした。
原作の漫画を全巻購入し、万全で向かいました。

ちぎ様は幕開きからまるで漫画から抜け出したかのような長髪のウィッグで、
夢の王子様のような麗しいお姿でした。
とことん二枚目。とことん王子様。
なんて素敵なトップさんなのだろうと幕開きから信じられない程の高揚感でした。
”壁ドン”とか最近話題だけど何が良いの?とか思ってて本当にすみません
ちぎ様どうかもう一度壁ドンをお願いしますと思いながら、
動揺をひた隠しつつ観ていました。

ちぎ様×伯爵令嬢=完璧。
吐血寸前のシーンのオンパレートで、
新生雪組さんの破壊力を目の当たりにしました。

 

2014/11/16「ジュ・テーム」より

ヒロイン・コリンヌを演じる咲妃みゆ様がまたとびっきりの愛らしさ。
孤児として育ちながらも境遇を悲観せず、明るく活発で正義感にあふれるコリンヌを
漫画から飛び出したかのようにキュートに演じていらして、とにかく萌えました。
とても芸達者な娘役さんなのは十分承知なのですが、そんなことよりとにかく可愛い。
笑顔もふくれっ面も可愛い。もはや可愛いとしか形容できません。
ちぎ様、本当にこんな素敵なお嫁さんを迎えられて良かったね…と感涙しそうになるほど
ちぎ様とみゆ様の並びが絵のように美しく、そしてとても幸せそうでした。

本当に新生雪組さん、最高でした。
次は必ず大劇場で大階段を降りるちぎ様みゆ様をこの目で見なくてはなりません。
ベニ様の風共と言い、宝塚ファンは一年中忙しいです。
(ジュ・テーム、宝塚。宝塚を愛さずにはいられない。)

 

2015/04/11「今日は母の誕生日」より

ちぎ様は一幕ずっと動きっぱなしで、
あの細いお体でルパンを演じきられたのは本当にちぎ様だからできたことなのだろうなぁと、
トップお披露目の感慨と重なって最後は涙しそうになりました。
ゆうみ様は相変わらず可愛いすぎるし、ともみん様はパワフルでかっこよくて
足が長すぎるし(もうお目にかかれないなんて信じられませんでした。)、
咲奈様(彩風咲奈さん)はいつの間にこんなに大人っぽくなられたのかと
思うほど男らしくてかっこいいし、翔様(彩凪翔さん)の完璧なお顔の美しさと目力には射抜かれるし、
私の大好きなだいもん様(望海風斗さん)が雪組にいらっしゃって、
あの美声と、腰の落ちたあのダンスを魅せてくださいました。
ついに雪組は美男で溢れかえってしまったのですね。

スポンサーリンク


北川景子とDAIGO夫婦揃って雪組「るろうに剣心」観劇

2016年4月17日に北川景子さんとDAIGOさん夫婦揃っての初観劇

結婚したばかりとあって宝塚ファンの方からも二人が登場した時に静かなざわめきが
起きたそうです。

宝塚歌劇では有名人や著名人が観劇している時にはその有名人のネタをアドリブで取り入れる
事があるのですが、DAIGOさんの持ちネタの「ウィッシュポーズ」を劇中に披露する場面もあった
ようです。

武田観柳演じる彩凪翔さん

ロックダンスとウィッシュポーズを次々披露されていたそうです。

二番手男役の望海風斗さんも

「ガトウィーーッシュ!!」と叫ばれて会場を盛り上げていました。

スポンサーリンク


 

2017年現在の宝塚「雪組」トップスター

早霧せいな

誕生日 9月18日
出身地 長崎県佐世保市
身長 168cm
初舞台 2001年4月「ベルサイユのばら2001」
好きだった役 「ニジンスキー」のヴァーツラフ・ニジンスキー、「JIN-仁-」の坂本龍馬、「ルパン三世」のルパン三世
愛称 ちぎ

出演作品

写真集:早霧せいな